スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

ニーア ゲシュタルト(特典なし) |スクウェア・エニックス

ニーア ゲシュタルト(特典なし)ニーア ゲシュタルト(特典なし)
スクウェア・エニックス
Xbox 360 Video Game
発売日 2010-04-22




これが5年間望まれてる系統かな? 2010-05-09
沢山の人が書いていますが
とりあえずグラフィックスは100点満点で言うなら45点ぐらいです。
100点が現行世代機のトップクラスだとすれば。
ただ場面場面「おぉ」と思うような光の使い方などもあって
体感するって意味ではなかなか綺麗な場面も。

と言うのは割りとどうでもよくて
海外のレビューなんかでも「ごちゃ混ぜ」みたいな評が多いと思いますけども
パっと見が奇抜な(部分、シーンがある)だけで、中身はSFCから続くオーソドックスなARPGかなと感じました。
避ける、攻撃、魔法で攻撃!ちょっと謎解き、アイテムドロップ、回復、街から街へ、Lv制、仲間も居る、武器がある(防具はないです)。

これだよ、こういう「フツーの」国産RPG待ってたんだよ!と、僕は感じました。
細かい部分、例えば攻撃の辺り判定やら、オブジェクトの当たり判定であるとか「粗いねぇ」と感じる部分は多いですが
国産ゲーム、国内市場の苦しい今、こういう「フツーの」ARPGを出してくれたのは凄くうれしいですね。

純粋にゲームとして「ここが!」ってのは魔法ですね。ほんと魔法に尽きます。
これ、かなーり快感。世界観やキャラ設定でやや間口は狭い感じですが、ゲーム自体はかなり幅広い人が楽しめる内容だと思います。

RPGプレイしたな、という気分にさせてくれるゲーム 2010-05-08
全体的に王道な構成になっているが
スパイスの効いたテキストからか、どこか奇妙な世界にも感じる不思議なゲーム。

クセのある仲間達は探索、戦闘中など様々な場面で話しかけてきて、しかも皮肉っぽい台詞が多くニヤりとする。
情感溢れる音楽は要所の重要な場面で効果的に使われていて非常に印象に残る。
戦闘はシンプルで、攻撃、防御、回避、魔法を駆使し、ワラワラと群がる雑魚敵達をなぎ倒していくのは爽快感がある。

触っていて割と好印象を受けるが、作り込み不足なところもある。
マップの数自体が少なく同じ場所を何度も往復することが多いので、「またここか」と思うこともしばしば。
敵の種類もあまり用意されていないので後半になるほど使い回しを感じざるを得ない作りになっている。

しかし致命的な欠陥も無いので総合的には十分遊べるゲーム。
あとは世界観やキャラが合うかどうか。暴言を吐きまくる下着姿のフタナリ娘が仲間とか、そういうのにピンとくる人は是非。


さらに詳しいXbox 360情報はコチラ≫
  06/18 Xbox 360 TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。