スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

Dead Space(輸入版:アジア) |Electronic Arts(World)

Dead Space(輸入版:アジア)Dead Space(輸入版:アジア)
Electronic Arts(World)
Xbox 360 Video Game
発売日 2008-10-14




石村 2010-05-08
まず最初に思ったことロード画面に石村。
え?英語版なのに石村?
あんまり怖そうなゲームじゃないな・・・
その考えが甘かった。
ひたすら恐怖。
大画面液晶テレビ、ヘッドホン、真っ暗、深夜、孤独
この状態を満たせばそこらへんのお化け屋敷よりはるかに怖いです。
間違いなく最高で最怖なゲームです。

「良い意味」でストレスを感じさせる秀作 2010-04-27
実績コンプまでやり込んだ上でのレビューです。ここでの高評価や、海外での数々の受賞も納得の面白さです。そして、かなり怖い・・・というか、ビビリます。他にも多くの方が指摘しておりますが、この恐怖感は最初に初代バイオハザードや初代サイレントヒルを遊んだ頃に味わって以来かもしれません。そしてグロさもかなり突き抜けていますので、この辺りの耐性が無い人にはきついかもしれません。

ゲームシステム的には特に目新しいものは有りません。強いて言うなら敵をはじめ様々なオブジェクトの動きをスロー化するステイシスと、念動力みたいなキネシスの能力を駆使して進む事でしょうか。ゲームのタイプとしては、バイオハザード4や5とほぼ一緒なので、これらが楽しめた人(もしくは物足りなかった人)であれば、このゲームも楽しめると思います。

このゲームで秀逸なのは、やはり恐怖感の演出でしょう。プレイしていて「なんだか嫌な雰囲気だなぁ~」とか、「この先あんまり行きたくないなぁ~」とか、常にストレスを感じさせます。但しこのストレスは、云わばお化け屋敷を少しずつ進むような、ジェットコースターの頂上が近づいてくるような、そんな種類のストレスで、ホラーゲームとしては必要不可欠なものです。
そして大抵の場面で期待通り、あるいは全く予想外の驚きが待っています。

ゲームの進行も、オープニングとエンディングを除きほぼリアルタイム、途中でこれ見よがしのムービーが入る事も無く、ステータスの確認やアイテムの使用、ショップでの買い物中ですら気を抜けません。

又、2周目は同一難易度であれば装備や能力、クレジットを引き継ぎプレイが出来るので、1周目の憂さ晴らしも出来ます(笑)。
更に高難度でプレイすると、即死級のダメージを受けることもあるので、ゲームに慣れて敵配置も分かっている筈なのに恐怖してしまいます・・・。

一つだけ気になった点があります。他の方へのフォローでも書きましたが、中盤の隕石シューティングステージで、難易度による差が余り感じられませんでした。慣れないと少々難しい場面なので、これは難易度によるメリハリがもう少しあっても良かったかと思います。

全編英語ですし、諸事情により今後も日本版が発売される可能性は低いですが、単に洋ゲーとして見過ごすには惜しい作品です。丁寧な日本語訳のサイトもあるので、箱○版・PS3版を問わず、ホラーファン、TPSファンには是非遊んで頂きたいと思います。


さらに詳しいXbox 360情報はコチラ≫
  08/31 Xbox 360 TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。